相続相談なら遺言相続.JP

相続の基礎知識

相続放棄とは?

相続放棄とは、相続人が被相続人の権利義務を一切承継しないようにする制度で、各相続人が単独でできます。

相続放棄の方法

相続放棄は、相続があったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄する旨を申述しなければなりません。

また、相続放棄は、相続開始前にはできません。

相続放棄の効果

相続放棄をした者は、初めから相続人とならなかったものとみなされます。

また、相続放棄の場合、代襲相続は発生せず、相続の同順位者全員が相続放棄をした場合、後順位の者が相続人となります。